何の変哲もないねこですが  II

4匹のねことの暮らしをチラ裏イラストとともにまったりとお送りします

音楽

情操教育

★ ★ ★ ★ ★ こないだ演奏会が終わったばかりだと思っていたけどまたオーケストラのシーズンが始まってしまった。 練習部屋はねこの部屋。 子猫は私のモーツァルトを聞いてすくすくと成長してます。すくすくとダメ音感も身に付けそう。

いつもより多めに拒否ってます

★ ★ ★ ★ ★ 演奏会、終わったのはいいけどあとから後遺症がやってくるお年頃

立つんだ!

★ ★ ★ ★ ★昨日の続き chaiko-cats.hatenablog.jp ここにも灰化したニンゲンが1人。 疲れたけど俺史上一番の出来だったようなのでニャルソックに付き合うくらいどうってことないよね。

燃え尽きて灰になりました

★ ★ ★ ★ ★ というわけで、オーケストラの演奏会、なんとか無事に終わりました。ご来場くださった方々、オケの皆様、関係者の皆様本当にありがとうございました。 ハナ先生も、ご指導お疲れさまでした。

見切った!

★ ★ ★ ★ ★昨日の続き だからウチに合わせって言うたのに。

熱血指導

★ ★ ★ ★ ★ そんなんで今度の演奏会、大丈夫なん!?

やっぱりギコギコ苦手

★ ★ ★ ★ ★ ギコギコやめて~!

ダメ出し

★ ★ ★ ★ ★練習を監視するようになったハナ姐。 先生、厳しいっす。 オーケストラの演奏会まであと1週間・・・・

ベートーベンに吠えろ

★ ★ ★ ★ ★昨日の続き chaiko-cats.hatenablog.jp ティル隊長の関心は目の前の紛争でも騒音でもなく外敵からの警備なんだそうな。

ベートーベンは殺意の響き

★ ★ ★ ★ ★ 夫の演奏でもやっぱりバイオリンの音はねこの神経を逆なでするらしい。

訴えるシッポ

★ ★ ★ ★ ★ 同じシッポふりふりでも言いたいことは大違い。

そろそろ慣れたかな

★ ★ ★ ★ ★ハナはこの環境にだいぶ慣れた ・・・と ・・・思ったんだけど やっぱアカンとのこと。 ★ ★ ★10数年ぶりにインフルエンザになってしまいました。今日の記事はストック分ですが明日はお休みするかも。

迫り来るぎこぎこ魔人

★ ★ ★ ★ ★ 隠れてるつもり。 2月にオーケストラの演奏会があるのです。申し訳ないけどねこたちにはもう少し辛抱してもらおう。

楽器とねこと思い出

★ ★ ★ ★ ★中学生のころ、ほんの一瞬だけクラリネットを吹いていた。 さらに遡って小学生。 やっぱり・・・・でも床に置いて吹くとなぜかお咎めなし。 口にくわえると鳴いてるみたいに思うのかなってのが、当時の考察。★ ★ ★4歳から16歳くらいまで飼ってた…

ハナ姐も体験してみた

★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★さて、以前書いた山の手兄妹(山の手兄妹の記事はこちら→(★))のママさん、ジャズピアニストをやってます。へっぽこ奏者の私と違ってちゃんとしたピアノ弾きです。その人がこのたびCDを出しました! 私の演奏と違い、ヒトにもねこにも優…

ベートーベンにも謝れ

★ ★ ★ ★ ★バイオリンの音がねこにとって恐怖を煽る音域との説なのでビオラなら大丈夫だろうと思って弾いてみた。 見た目、バイオリンと似てるけど実用音域も音色も全然違う。 おまけ。1枚目の写真と同一人物とは思えない。

モーツァルトに謝れ

★ ★ ★ ★ ★ナイショだが、私はバイオリンを弾く・・・ ・・・・んだけど・・・ 若かりし頃、友人の家でアンサンブルの練習をしたときも私が音を出したとたん、その家のねこがパニックを起こして逃げ出した。 実家のねこに至っては楽器ケースを開けた瞬間に逃…